任意売却の方法

不動産を売却する場合、移住などでその場所に戻らないからとか、色々な理由があります。
もし、借り入れが残っている状態で不動産を売却する場合、すべての返済を売却と同時にしなければいけません。
もし売却代金が、残っている借り入れ額を下回った時には、不足分を出さないと売ることができません。
それは、不動産に抵当権がついているから、勝手に売ることが困難だからです。
元々、一般的に任意売却というものは、債務超過状態の不動産を売却することです。
この、債務超過というのは、家が売れる金額よりも住宅ローンの残額が多い状態の事です。
しかし、わかっていても不足分をすぐに出すことはなかなか難しい話です。
だから、他の方法として、まず売却代金から経費を控除します。
そして残った金額分だけ一旦返済し、抵当権を解除します。
それから売却します。
これが任意売却の方法になります。
この任意売却なら、借金全額を払わずに不動産を売却することが可能になります。
ただし、債権者の同意が必要です。
理由は、本当は返済しなければならない金額を一部しか払わずに、売却をするからです。
そのため、その場合の手続きは大変です。
素人が出来る手続きもありますが、専門家に任せた方が問題がないと思います。